声の仕事をするために

鉛筆

学校で知識を習得

声優の仕事をするためにはどこかの事務所に所属するか、事務所を介さないでフリーランスで仕事をもらわなければなりません。しかし、事務所に入るためにはオーディションに合格しなければならないので、事務所に所属し実力社会のこの業界で活躍するには、声優の仕事に関する基礎知識や演技力が必要不可欠です。声優の専門学校はそういった基礎能力を向上させるために力となる学校です。現在活躍されている声優さんの多くがこういった専門学校で伝える力や演じる力の基礎能力を身につけています。そのため、専門学校は声を使った演技経験がない方には、うってつけの学校と言えます。専門学校は声優業の人気の高まりもあって学校の数や入学者が増えている傾向にあるものの、入学時に100万円から150万近く費用が必要になることが多いのも事実です。その上、専門学校に入学したからといって卒業後に事務所への所属・養成所への入所・声優デビューが約束されているわけではない点に留意しましょう。そのため、声優を多数輩出している学校であったり、卒業後の進路サポートがしっかりしている学校など専門学校選びは慎重に行う必要があります。とはいえ、自分に合った声優の専門学校を見つけて伝える力・演じる力を向上させることができれば、その分事務所オーディション合格の可能性を高められたりしますし、学校や講師との出会いによっては声優デビューを後押ししてくれる可能性もあります。声優の専門学校には夜間に通学可能な学校や通信制の学校などもありますから、ライフスタイルに合わせた学校を選ぶこともできます。もし、専門学校選びに迷っている場合は説明会や体験レッスンを通じて学校の雰囲気やレッスンの様子を確かめてみると良いでしょう